カテゴリー「経済・政治・国際」の記事

本当の謝罪、出来ていますか?

ご覧頂き、ありがとうございます

鉢呂吉雄前経済産業相が問題発言で辞任しましたね

ここ数年、政治家の問題発言による辞任って多いですよね

私はこの問題発言→辞任が、とても残念で情けありません

問題発言後、本人・総理など謝罪をするのは良い事です

ただ、謝って辞めたら何になるんでしょう?

私は謝罪について、こんな考えを持っています

謝罪して辞める事で、謝罪は気持ちでなく、ただの言葉になる

謝罪ってミスを反省し、改善する気持ちがあるからするものだと思っています

だけど多くの謝罪は、ただ反省してますって言葉を言って逃げるだけ

本当に反省して相手の事を想うのなら、言葉で謝った後に行動で気持ちを伝えるはずです

あなたは家族に酷い事を言ってしまった時、謝って家族の元を離れますか?

そんなこと絶対にしませんよね

謝って自分の言動を改善するはずです

ミスを帳消しにするくらいの言動をするよう努力するはずです

今回の問題で福島県民に謝罪する政治家は沢山いるでしょう

では問題発言を訂正して、福島県民も納得する福島の現状を表現した人はいますか?

人間ただ謝られただけでは、なかなか許せません

反省して訂正した言葉や行動を見て、気持ちも伝わり許せてきます

辞任は許してもらう気がないから、出来るのかもしれません

だって、辞任して福島県民が得られるものはないのですから

辞任は本人が役職を失うだけで、相手に何の利益も生まない事を忘れてませんか?

相手を傷つけたなら、相手の傷を癒す行動をしましょう

相手は怒っているので、断られたり罵声を浴びせられる事もあるでしょう

それも受け入れて、誠心誠意相手と向き合う事が謝罪だと私は思います

今後も問題発言→辞任という、相手を無視した対応が起こらない事を願います

そして政治家は、国民を家族だと思って頑張って欲しい

そしたら、逃げ出すことなく相手とトコトン向き合う政治になるはずです

国民が望む政治にドンドン近づいていくはずです

あなたは普段、どんな謝罪をしていますか?

自分も相手と同じように傷つけば、謝罪になると思っていませんか?

傷つけられた相手が望むことは、

この傷を癒して(治して)欲しい

二度と傷つけないで欲しい

相手の心の声に耳を傾けましょう

相手の望むことを、出来る限り行動しましょう

それが謝罪という責任ではないでしょうか?

本気で相手に許してもらいたいなら、今すぐカウンセリングを

申し込みはこちらから

謝罪のゴールは信頼関係を築く事です

1度失った信頼を改善するのは、とっても難しい

謝罪はとても難しい事

だからこそ、謝罪を受け入れて貰えた時には素晴らしい関係が待っている

言葉でなく、気持ちを伝えられる人間になりましょう

最後まで読んで頂き、ありがとうございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)